私、ファンデーションを卒業します。

 

『私、ファンデーションを卒業します。』

あなたもきっと、この本を読んだらファンデーションを卒業したくなる。

東京・自由が丘と神奈川・鎌倉にある“ファンデーションを卒業する”ための
オーガニックトリートメントサロン初の著作。
著者・坂田まことがその人生の中でたどり着いた「素肌と向き合うため」のたった一つの美容法とは。

 

「ファンデーションを塗りたい女の子なんて本当は一人もいません」

そんな悲しみを込めたメッセージとともに、弱冠20歳で「なぜ、ファンデーションを卒業したのか?」
「なぜ、卒業できたのか?」が綴られる自叙伝は、セラピスト/自然療法士としての観点から
「植物療法」「素肌」「オーガニックコスメ」についての知識や見解が解説されています。

これから30代を迎える女性たちへ、30代を迎えた女性たちへ、
これから母になる女性たちへ届くように込められた願いの結晶となる一冊です。
ここには、誰でも気軽に入っていける「卒業するだけでキレイと健康を手に入れる」ための方法が
たくさん詰まっています。
この本を読めば、多くの女性がこんな風に思うはず。
「二十歳の頃より肌が綺麗になるなんて、かんたんだ」 

[著者プロフィール]

坂田まこと
オーガニックビューティセラピスト/自然療法士
一般社団法人日本オーガニックビューティセラピスト協会 代表理事

1990年生まれ。子育てをしながら始めた「自宅サロン」と、10代の頃から10年以上書き続けている「オーガニックブログ」をきっかけにオーガニックエステサロンを開業。自身の肌疾患と戦いながら、同じように苦しむ女性たちに「ファンデーションを卒業するためのオーガニックスキンケア」を伝え続ける。現在は東京・自由が丘に「植物薬屋~Botanical Pharmacy~」をテーマにした「ORGANIC MOTHER LIFE」というオーガニックエステサロンを営み、鎌倉の隠れ家サロンでもオーナーセラピストを務める。施術者を続けながら、女性や母親が社会で働きやすい環境作りを提案するために「セラピストスクール―COTTON HOUSE―」も運営しており、日々後進セラピストの育成に励んでいる。

 

『私、ファンデーションを卒業します。』
1,500円+税
ISBN 978-4-906913-77-0
四六版/ソフトカバー

 

[Amazonで購入]

 

関連商品

  1. Dish to Dish マクロビオティックの愛情おうちごはん

    「マクロビオティックは究極の愛情表現」 愛情と想いを込めて作られる。だからおいしい!! “マクロビオティックの鉄人”の異名を持つマクロ界の重鎮 岡田英貞シェフ ファン待望のファーストレシピブックがついに登場!

  2. 武甲山 ―未来の子供たちへ―

    産業的理由によって日々ダイナマイトで爆破され変貌している埼玉県・秩父にある武甲山(ぶこうざん)。地元の気鋭アーティスト・笹久保伸氏による一冊の写真集がここに誕生。

  3. 科学の先 現代生気論

    ベストセラー『糖尿病は薬なしで治る』の著者が 私たちは大脳から全身の末梢組織へ神経支配が行われていると考えがちだが、 50 余年の医学人生の末に辿り着いた発想を変えて一番古くから生物にあって生命の本体ともいえる腸から全身を みると、別の世界が開けてくる。科学の限界といのちの意味。

  4. SAYURI’S Food for Yogis & Everyone

    ヨギーニであり、リトリートオーガナイザーでもある著者が、世界を旅して、各国のリトリートセンターでヨギーのために作ってきたヘルシー料理の中でも、特別に人気のある美味しくてヘルシーで簡単なレシピを集めました。

  5. 繁盛する飲食店をつくる魔法の仕組み

    時代はヘルシーなフードビジネス! 繁盛する飲食店をつくる秘密を大公開!ベジィ読者にはお馴染み、北海道は札幌にて「自然食&ローフード ロハス」を創設したローフードシェフの土門大幸氏。「ローフード」という日本ではニッチなジャンルであっても、成功させたその経営手腕は多くの人に評価されています。そんなノウハウを惜しみなく公開する一冊が誕生!

  6. 新医学宣言 いのちのガイドブック

    病院のストライキで死亡率が半減!がん医療を受けた人の平均余命は3年。受けなかった人の平均余命は12年6ヶ月!知らないことは罪である。知ろうとしないことは、さらに深い罪である。さあ、選択の時は訪れました。“殺人”の医療と“活人”の医療、あなたはどちらを選びますか?

ページ上部へ戻る