無理せず理想のボディメイクを目指す スーパーフードファスティング ダイアリー

次世代の「断食ダイエット」=“食べて”痩せる!?
ヘルシーに美しいボディーを手に入れる 新感覚のファスティングノートが誕生!

体質の改善や理想のボディメイクを目的に行う「スーパーフードファスティング」は、食事をスーパーフードや低糖質食に替えることにより、体に必要な栄養を摂り、基礎代謝を上げることを意識しながら短期間で人間本来の健康な体を取り戻すことを目指します。さらに、写真つきの「食事プログラム」とイラストつきの「運動プログラム」で、理想のボディメイクを目指す方をサポート。実際に行ったファスティングは、ノートに70日分記録することができます。

【著者紹介】

土門大幸 Hiroyuki Domon
一般社団法人日本ローフード協会代表理事
アースゲートインターナショナル株式会社代表取締役
ゼンノアジャパンLLC社長
ローフード&自然食「LOHAS」プロデューサー&シェフ、調理師。新聞社、教育機関、大手外資系食品会社を経て書籍『フィット・フォー・ライフ』に出会い食の大切さを学び、アメリカの Living Light Culinary Art Instituteで公認ローフードシェフ&インストラクター資格を取得。著書に『まるごとそのまま野菜を食べようRAW FOOD RECIPE』、『RAW FOOD & BEAUTY FOOD RECIPE 60』(ともに小社刊)などがある。

【書籍情報】
無理せず理想のボディメイクを目指す
スーパーフードファスティングダイアリー
著者:土門 大幸
定価:1,000円+税
判型:A5判
ISBN:978-4-906913-89-3/C2077
[Amazonはこちらから]

関連商品

  1. Sayuri’s Raw Food Cafe vol.2 —幸せ体質になる腸活レシピ

    “食べ物が人となりをつくる”というように、私たちが口にするものは、 私たちの造り上げる現実に大きな影響力を持っています。 そう考えると、新鮮で、 ジューシーで、ピュアで、色鮮やかで、 波動の高い食べ物を取り入れたいと思いませんか?今回は[エコ][エシカル][サステナブル]な料理を世界各国から集めてみました。 もちろんすべてヴィーガン・グルテンフリー・ローフード・スーパーフードのレシピです。

  2. 三河みりんで味わうプチマクロ料理

    マドンナのプライベートシェフとして知られる西邨マユミさんは、「日本が歴史の中で培ってきた伝統にこそ日本美人を作る秘訣がある」と考えていました。東日本大震災で日本食にスポットが当てられた今、そんな西邨さんが選んだのが江戸時代から造られてきた「三河みりん」。古き良きものを現代に取り入れる、「温故知新」のスピリットが西邨さんの手によって、プチマクロ料理に注がれたのです。本書は西邨さんの人生が集約された一冊です。

  3. 医者いらずの食

    一生病気と無縁でいられる答えがここにあります。 医師・内海聡氏が「食と病気」に取り組んだ問題作 『医者いらずの食』を、ぜひ常備ください!!! 何故現代人はこんなにも病んでいるのか、 いや何故こんなにも私たちは 数々の病気という概念に侵されているのか!?

  4. 社会派化粧品 social cosmetics

    地方と都心をつなぐ新しい形のオーガニック・ビジネスとは? 日本初の様々なオーガニック・コスメができるまでを追った、 地方創生とキレイを一度に学べる1冊。 社会派化粧品って何のこと? なぜ、コスメ? 今、地方を舞台に、オーガニックな素材を使って、コスメをつくる人たちが増えています。そんな彼ら、彼女らのコスメはもちろん、ライフスライルをまるごと紹介します。「好きを仕事にしたい」「地域を元気にしたい」「未来の自分や次世代に種を蒔きたい」……そんな方たちへ。

  5. カナダを旅するヴィーガンレシピ Canadian Vegan Recipes

    古くから移民を多く受け入れてきたカナダは、伝統や文化を尊重しバリエーション豊かな郷土料理であふれています。そんなカナダ料理の魅力を、トロントで生まれ育った日系カナダ人の実力派シェフがヴィーガンレシピとともに、カナダ料理のルーツをたどる歴史や名所とともにご紹介!

  6. 武甲山 ―未来の子供たちへ―

    産業的理由によって日々ダイナマイトで爆破され変貌している埼玉県・秩父にある武甲山(ぶこうざん)。地元の気鋭アーティスト・笹久保伸氏による一冊の写真集がここに誕生。

ページ上部へ戻る