Mieko’s Garden EDIBLE FLOWER LIFE ―食べる花のある生活―

 

 

Mieko’s Garden EDIBLE FLOWER LIFE

ミエコズ・ガーデン エディブルフラワーライフ

―食べる花のある生活―

 

エディブルフラワーとは、「食べられる花(食用花)」のこと。
人間が花を食べる歴史は古く、それはインディアン時代の化石から発見されているほど古いものなのです。

バラ、パンジー、ラベンダー、ハイビスカスetc…
誰もが一度は聞いたことのあるお馴染みの花から、意外なあの味がする不思議な花まで。
100種類以上のエディブルフラワーを美しい写真と一緒にご紹介します。

初心者でもわかりやすいよう、花の部位の名称、使い方からレシピまで。
栽培・手入れ・収穫方法もわかりやすく解説しているので、栽培をしたい人にもおすすめの一冊です。

 

CONTENTS 目次

[Recipe]
本書で紹介しているレシピは、肉・魚は一切不使用。
アレルギーや体質上の問題、ベジタリアンやビーガンなど、
宗教上の理由から食べられない人にもとり入れやすいシンプルなレシピを
栄養たっぷりの花とスーパーフードを組み合わせてご紹介しています。

>>>レシピ一例

・エキスをとるだけ簡単色遊び「フラワーシロップ」
・米粉でヘルシーにサクッと「花天ぷら」
・ “お肉不使用”ミートローフ風「ソイビーンズローフ」
・インスタ映え間違いなし! 「花ちらし寿司」
・フランス伝統の花の砂糖菓子「クリスタライズドフラワー」
ほか全60レシピ収録。

[Craft]
タッシーマッシー(フラワーブーケ)
押し花
ポプリ/サシェ
ピロー
カラーリング(布、紙)
etc

[DICTIONARY]
最新のエディブルフラワー100種類の図鑑つき。
おすすめの調理法、風味、薬効など解説。

[GROWING FLOWER]
家庭菜園でも簡単! 栽培、収穫、保存まで。
初心者にもわかりやすい解説。

[Collumn]

エディブルフラワーの栄養価一覧
花の味・料理に合う花一覧
ポーレン(花粉)
食べられない花
エディブルフラワー農園&お店リスト

[著者プロフィール]
小松美枝子(こまつ・みえこ)
ミエコズガーデン代表。エディブルフラワー&ハーブ研究家。エディブルフラワーを日本ではじめて紹介したこの分野の第一人者。
40年以上前からハーブに興味を持ち、世界30ヶ国以上、国内外で数多くの講演を行うほか、人々の暮らしとエディブルフラワー・ハーブを研究している。
著書は『楽しむエディブルフラワー』『ハーブ の知識と応用』『ハーブの辞典』『オールド ローズノート』『ラベンダーブック』他多数。

 

ISBN 978-4906913701
本体1,500円+税 AB版/全128ページ

 

[ご購入はこちらから Amazon.co.jp]

 

関連商品

  1. 科学の先 現代生気論

    ベストセラー『糖尿病は薬なしで治る』の著者が 私たちは大脳から全身の末梢組織へ神経支配が行われていると考えがちだが、 50 余年の医学人生の末に辿り着いた発想を変えて一番古くから生物にあって生命の本体ともいえる腸から全身を みると、別の世界が開けてくる。科学の限界といのちの意味。

  2. Dish to Dish マクロビオティックの愛情おうちごはん

    「マクロビオティックは究極の愛情表現」 愛情と想いを込めて作られる。だからおいしい!! “マクロビオティックの鉄人”の異名を持つマクロ界の重鎮 岡田英貞シェフ ファン待望のファーストレシピブックがついに登場!

  3. 病を根本から治す 量子医学 ─古くて新しい魔法の健康法─

    世界中の著名人やセレブが押し寄せる、NY在住のマスターヒーラー Ken Kobayashiによる量子医学(波動医学)の決定版! 量子波が医学を変える!素粒子レベルで診ることで、本来の素性力が蘇り、様々な病が根っこから癒される。

  4. 食べて美しくなる Royal Vegan Recipe

    オシャレな発酵カクテルに始まり焼かない焼き菓子に香ばしいチョコレートケーキ、濃厚なアイスクリーム、前菜、メインディッシュと幅広い場面で使えるレシピが満載。 女の子ならみんな大好き「マリーアントワネット」の世界をイメージした優雅な世界観は、眺めているだけでも楽しめる1冊です。「中世ヨーロッパのどこかの国」の王様とお妃様、そして使用人のばあやがご案内役で登場。毎晩のように繰り広げられるパーティーでのお食事やデザートを著者が想像し、ローフードで再現しました。お城の中にいるような贅沢な気分に酔いしれてください。

  5. 種は誰のものか?

    農作物の種を巡る世界情勢が目まぐるしく変わってきている現在。 本書では、種がなぜ大事なのかを改めて考えると同時に、 種がどのようにつくられ、私たちのいのちとどう関わっているのか、 さらには世界と食卓を結ぶ一粒の種に どんな問題が起きているのかを、分かりやすく解説します。

  6. 発酵リビングフード —発酵のチカラで生なのに作りおき!

    日本における「リビングフード」の第一人者である「睦美」、2年半ぶりとなる新刊は、自らのリビングフードライフの集大成的一冊!

ページ上部へ戻る