Mieko’s Garden EDIBLE FLOWER LIFE ―食べる花のある生活―

 

 

Mieko’s Garden EDIBLE FLOWER LIFE

ミエコズ・ガーデン エディブルフラワーライフ

―食べる花のある生活―

 

エディブルフラワーとは、「食べられる花(食用花)」のこと。
人間が花を食べる歴史は古く、それはインディアン時代の化石から発見されているほど古いものなのです。

バラ、パンジー、ラベンダー、ハイビスカスetc…
誰もが一度は聞いたことのあるお馴染みの花から、意外なあの味がする不思議な花まで。
100種類以上のエディブルフラワーを美しい写真と一緒にご紹介します。

初心者でもわかりやすいよう、花の部位の名称、使い方からレシピまで。
栽培・手入れ・収穫方法もわかりやすく解説しているので、栽培をしたい人にもおすすめの一冊です。

 

CONTENTS 目次

[Recipe]
本書で紹介しているレシピは、肉・魚は一切不使用。
アレルギーや体質上の問題、ベジタリアンやビーガンなど、
宗教上の理由から食べられない人にもとり入れやすいシンプルなレシピを
栄養たっぷりの花とスーパーフードを組み合わせてご紹介しています。

>>>レシピ一例

・エキスをとるだけ簡単色遊び「フラワーシロップ」
・米粉でヘルシーにサクッと「花天ぷら」
・ “お肉不使用”ミートローフ風「ソイビーンズローフ」
・インスタ映え間違いなし! 「花ちらし寿司」
・フランス伝統の花の砂糖菓子「クリスタライズドフラワー」
ほか全60レシピ収録。

[Craft]
タッシーマッシー(フラワーブーケ)
押し花
ポプリ/サシェ
ピロー
カラーリング(布、紙)
etc

[DICTIONARY]
最新のエディブルフラワー100種類の図鑑つき。
おすすめの調理法、風味、薬効など解説。

[GROWING FLOWER]
家庭菜園でも簡単! 栽培、収穫、保存まで。
初心者にもわかりやすい解説。

[Collumn]

エディブルフラワーの栄養価一覧
花の味・料理に合う花一覧
ポーレン(花粉)
食べられない花
エディブルフラワー農園&お店リスト

[著者プロフィール]
小松美枝子(こまつ・みえこ)
ミエコズガーデン代表。エディブルフラワー&ハーブ研究家。エディブルフラワーを日本ではじめて紹介したこの分野の第一人者。
40年以上前からハーブに興味を持ち、世界30ヶ国以上、国内外で数多くの講演を行うほか、人々の暮らしとエディブルフラワー・ハーブを研究している。
著書は『楽しむエディブルフラワー』『ハーブ の知識と応用』『ハーブの辞典』『オールド ローズノート』『ラベンダーブック』他多数。

 

ISBN 978-4906913701
本体1,500円+税 AB版/全128ページ

 

[ご購入はこちらから Amazon.co.jp]

 

関連商品

  1. お豆腐×お野菜でつくる 美人薬膳ごはん

    グルマン世界料理本大賞健康&ダイエット部門で2冠を達成した著者による「お豆腐」が主役のビューティレシピ!ヘルシーな印象が強いお豆腐は、実は健康&美容効果も盛りだくさん!美容への効果効能が高い野菜と組み合わせ、体の中から美しくなる薬膳レシピが完成しました。

  2. 発酵リビングフード —発酵のチカラで生なのに作りおき!

    日本における「リビングフード」の第一人者である「睦美」、2年半ぶりとなる新刊は、自らのリビングフードライフの集大成的一冊!

  3. 医者いらずの食

    一生病気と無縁でいられる答えがここにあります。 医師・内海聡氏が「食と病気」に取り組んだ問題作 『医者いらずの食』を、ぜひ常備ください!!! 何故現代人はこんなにも病んでいるのか、 いや何故こんなにも私たちは 数々の病気という概念に侵されているのか!?

  4. SAYURI’S Food for Yogis & Everyone

    ヨギーニであり、リトリートオーガナイザーでもある著者が、世界を旅して、各国のリトリートセンターでヨギーのために作ってきたヘルシー料理の中でも、特別に人気のある美味しくてヘルシーで簡単なレシピを集めました。

  5. ドイツ薬草療法の知恵 聖ヒルデガルトのヒーリングレシピ

    約900年前のドイツで自然療法を広めたキリスト教の修道女、ヒルデガルト・フォン・ビンゲン。自然療法の祖として知られるだけでなく、神秘家、作曲家、画家などとして多くの功績を遺しました。本書では彼女が推奨した食材やハーブを取り入れたドイツの家庭料理を全てベジタリアン仕様にアレンジして多数掲載。他ドイツのナチュラルライフや食養生、ヒルデガルト療法の様々な情報を網羅。内なる美しさと真の強さを育む、ホリスティックな癒しの入門書。

  6. 新医学宣言 いのちのガイドブック

    病院のストライキで死亡率が半減!がん医療を受けた人の平均余命は3年。受けなかった人の平均余命は12年6ヶ月!知らないことは罪である。知ろうとしないことは、さらに深い罪である。さあ、選択の時は訪れました。“殺人”の医療と“活人”の医療、あなたはどちらを選びますか?

ページ上部へ戻る