Mieko’s Garden EDIBLE FLOWER LIFE ―食べる花のある生活―

 

 

Mieko’s Garden EDIBLE FLOWER LIFE

ミエコズ・ガーデン エディブルフラワーライフ

―食べる花のある生活―

 

エディブルフラワーとは、「食べられる花(食用花)」のこと。
人間が花を食べる歴史は古く、それはインディアン時代の化石から発見されているほど古いものなのです。

バラ、パンジー、ラベンダー、ハイビスカスetc…
誰もが一度は聞いたことのあるお馴染みの花から、意外なあの味がする不思議な花まで。
100種類以上のエディブルフラワーを美しい写真と一緒にご紹介します。

初心者でもわかりやすいよう、花の部位の名称、使い方からレシピまで。
栽培・手入れ・収穫方法もわかりやすく解説しているので、栽培をしたい人にもおすすめの一冊です。

 

CONTENTS 目次

[Recipe]
本書で紹介しているレシピは、肉・魚は一切不使用。
アレルギーや体質上の問題、ベジタリアンやビーガンなど、
宗教上の理由から食べられない人にもとり入れやすいシンプルなレシピを
栄養たっぷりの花とスーパーフードを組み合わせてご紹介しています。

>>>レシピ一例

・エキスをとるだけ簡単色遊び「フラワーシロップ」
・米粉でヘルシーにサクッと「花天ぷら」
・ “お肉不使用”ミートローフ風「ソイビーンズローフ」
・インスタ映え間違いなし! 「花ちらし寿司」
・フランス伝統の花の砂糖菓子「クリスタライズドフラワー」
ほか全60レシピ収録。

[Craft]
タッシーマッシー(フラワーブーケ)
押し花
ポプリ/サシェ
ピロー
カラーリング(布、紙)
etc

[DICTIONARY]
最新のエディブルフラワー100種類の図鑑つき。
おすすめの調理法、風味、薬効など解説。

[GROWING FLOWER]
家庭菜園でも簡単! 栽培、収穫、保存まで。
初心者にもわかりやすい解説。

[Collumn]

エディブルフラワーの栄養価一覧
花の味・料理に合う花一覧
ポーレン(花粉)
食べられない花
エディブルフラワー農園&お店リスト

[著者プロフィール]
小松美枝子(こまつ・みえこ)
ミエコズガーデン代表。エディブルフラワー&ハーブ研究家。エディブルフラワーを日本ではじめて紹介したこの分野の第一人者。
40年以上前からハーブに興味を持ち、世界30ヶ国以上、国内外で数多くの講演を行うほか、人々の暮らしとエディブルフラワー・ハーブを研究している。
著書は『楽しむエディブルフラワー』『ハーブ の知識と応用』『ハーブの辞典』『オールド ローズノート』『ラベンダーブック』他多数。

 

ISBN 978-4906913701
本体1,500円+税 AB版/全128ページ

 

[ご購入はこちらから Amazon.co.jp]

 

関連商品

  1. Sayuri’s Raw Food Cafe vol.2 —幸せ体質になる腸活レシピ

    “食べ物が人となりをつくる”というように、私たちが口にするものは、 私たちの造り上げる現実に大きな影響力を持っています。 そう考えると、新鮮で、 ジューシーで、ピュアで、色鮮やかで、 波動の高い食べ物を取り入れたいと思いませんか?今回は[エコ][エシカル][サステナブル]な料理を世界各国から集めてみました。 もちろんすべてヴィーガン・グルテンフリー・ローフード・スーパーフードのレシピです。

  2. 放射能と原発の真実

    気鋭の医師、内海聡が原子力行政に切り込み、 隠蔽されている放射能の真実を明らかにする衝撃作! 原発事故から3年たった今だからこそ読んでほしい、ウソまみれの政府がながすデマに流されないための一冊。 あれから三年。日本人の記憶から風化されつつある原発と放射能の今を、内海聡が明らかにする衝撃の最新作! 嘘がうずまく原子力行政に対して、話題の医師が下した結論とは……

  3. はじめてのベジタリアン南インド料理 The South Indian Vegetarian Kitchen

    スパイスの魔法で、驚くほど簡単。本格菜食インド料理! インド人料理研究家ヘーマ・パレックによる9年ぶりのレシピ・ブック

  4. 種は誰のものか?

    農作物の種を巡る世界情勢が目まぐるしく変わってきている現在。 本書では、種がなぜ大事なのかを改めて考えると同時に、 種がどのようにつくられ、私たちのいのちとどう関わっているのか、 さらには世界と食卓を結ぶ一粒の種に どんな問題が起きているのかを、分かりやすく解説します。

  5. 社会派化粧品 social cosmetics

    地方と都心をつなぐ新しい形のオーガニック・ビジネスとは? 日本初の様々なオーガニック・コスメができるまでを追った、 地方創生とキレイを一度に学べる1冊。 社会派化粧品って何のこと? なぜ、コスメ? 今、地方を舞台に、オーガニックな素材を使って、コスメをつくる人たちが増えています。そんな彼ら、彼女らのコスメはもちろん、ライフスライルをまるごと紹介します。「好きを仕事にしたい」「地域を元気にしたい」「未来の自分や次世代に種を蒔きたい」……そんな方たちへ。

  6. 魔法のメガネ

    ある街に伝わる、かけるだけで病気が治り、あらそいごとがなくなるという『魔法のメガネ』伝説。その真相を確かめようと9人の子どもたちが探検に出かけた。嵐に襲われ、森をさまよった先で出会ったのは、森に大昔から住んでいるというちょっと変わったおばあさん。彼女は子どもたちに『魔法のメガネ』の作り方を語り始めるが…。 現代を自分らしくしなやかに往きたいと願うあなたに贈る陰陽の法則の入門書。

ページ上部へ戻る