SAYURI’S Food for Yogis & Everyone

ヨギーニであり、リトリートオーガナイザーでもある著者が、世界を旅して、各国のリトリートセンターでヨギーのために作ってきたヘルシー料理の中でも、特別に人気のある美味しくてヘルシーで簡単なレシピを集めました。

ヨガ・ダイエット・デトックスに効く、美容と健康のためのビーガンフード。
ビーガンとは、倫理的、環境的哲学を持ち、乳製品や蜂蜜などの間接的に動物に由来する食品をとらない料理やそのような食生活の人のことです。

CONTENTS
●基本のテクニック&下ごしらえ
●ドリンク
●ディップ&クラッカー
●スープ
●サラダ&ドレッシング&万能ソース
●サラダトッピング
●サイドディッシュ
●サンドイッチ&ベジバーガー
●ラップサンドとトルティーヤディッシュ
●お寿司と海苔巻き
●イタリアンパスタとエスニック風アレンジ
●お気に入りアジアン料理
●デザート&朝食スイーツ


著者:田中さゆり
リトリートオーガナイザー/シェフ&ローフード講師
1975年生まれ リトリートではローフードやビーガンフード、マクロビオティックなど、必要に応じての料理で心も身体もハッピーで健康になる食事を提供する。 シェフとして食べ物を通じて人々が身体を養い、心を開くように導くと共に、 講師として食により身体的・精神的にポジティブな変化を生むことをわかりやすく伝える。 インドにて5年間ヨガリトリートの、バリにて3年間ヨガティーチャートレーニングの専属シェフを努めた後、現在バリ島に拠点を置き“the Seeds of Life” を設立。ヨガリトリート専門のシェフとして又講師として、バリ島、日本、インドをはじめ、アメリカ、ヨーロッパほか世界中で活躍中。自らもヨガの実践者であり、 ヨガと食にフォーカスをおいたリトリートやトレーニングも企画。メニューコンサルタント&レストランマネージメントビジネスも手がける。料理教室やトレー ニングを通して、人々に健康的で、地球にも、地球の未来にとっても継続可能な意識の高いライフスタイルを提案する。著書に『SAYURI’s Raw Food Cafe さゆり’s ローフードカフェ 』など多数。

【書籍情報】
SAYURI’S Food for Yogis & Everyone
著者:田中さゆり
定価:本体1500円+税
版型:左右182×天地240
ISBN 978-4-906913-42-8/C2077

関連商品

  1. Vege Cafe Guide in Japan

    人気フードブロガー・マクロビマウス監修 日本(47都道府県すべて!)のベジカフェを網羅した(日本初!)ベジカフェガイドブック

  2. 5色の野菜でからだを整える ベジ薬膳

    薬膳の基本的な考え方「陰陽五行」、自然と体の関係を分かりやすく解説しているので、薬膳料理を作ったことのない人にもおすすめです。体の不調や目的に合わせて、今の自分にぴったりの料理が選べるので、便利で実用的。 和食、中華、エスニック、イタリアン、スイーツなど、真似したくなるおしゃれな料理ばかりで、薬膳のイメージが変わるはず。 おしゃれにおいしくデトックスして、気・血・水の巡りをアップしましょう!

  3. fika(フィーカ)世界一幸せな北欧の休み方・働き方

    働き方を見つめ直す時代に大切なこと、それは「休み方」を考えること! 仕事も家庭も、素敵な「休息」があなたの人生を変える! 毎日が慌ただしいと感じる人たちにおくる “北欧流のゆったり過ごすライフスタイル”を提唱する一冊です!

  4. 安くてかんたん やさい飯 増補改訂版

    雑誌『veggy』の連載で活躍している自称“へるしーアーティスト”へるし〜どいさんが、みんな大好きな定番の人気メニューをヘルシーにアレンジしたレシピ集。オムライス、カレー、ラーメン、シュウマイ、サラダにスイーツまで、家族をよろこばせるおいしいレシピが満載。毎日の献立のヒントがぎゅっとつまった菜食レシピの決定版!

  5. 魔法のメガネ

    ある街に伝わる、かけるだけで病気が治り、あらそいごとがなくなるという『魔法のメガネ』伝説。その真相を確かめようと9人の子どもたちが探検に出かけた。嵐に襲われ、森をさまよった先で出会ったのは、森に大昔から住んでいるというちょっと変わったおばあさん。彼女は子どもたちに『魔法のメガネ』の作り方を語り始めるが…。 現代を自分らしくしなやかに往きたいと願うあなたに贈る陰陽の法則の入門書。

  6. 神秘の古代食 AFAブルーグリーンアルジー

    35億年前から変わらぬ姿で生き続け、強い生命力をもつ藍藻類の一種「ブルーグリーンアルジー(AFA)」は、今大注目のスーパーフード!豊富な栄養素とともに、よりおいしく取り入れられる、目にも楽しい33のレシピをご紹介。

ページ上部へ戻る