SAYURI’S Food for Yogis & Everyone

ヨギーニであり、リトリートオーガナイザーでもある著者が、世界を旅して、各国のリトリートセンターでヨギーのために作ってきたヘルシー料理の中でも、特別に人気のある美味しくてヘルシーで簡単なレシピを集めました。

ヨガ・ダイエット・デトックスに効く、美容と健康のためのビーガンフード。
ビーガンとは、倫理的、環境的哲学を持ち、乳製品や蜂蜜などの間接的に動物に由来する食品をとらない料理やそのような食生活の人のことです。

CONTENTS
●基本のテクニック&下ごしらえ
●ドリンク
●ディップ&クラッカー
●スープ
●サラダ&ドレッシング&万能ソース
●サラダトッピング
●サイドディッシュ
●サンドイッチ&ベジバーガー
●ラップサンドとトルティーヤディッシュ
●お寿司と海苔巻き
●イタリアンパスタとエスニック風アレンジ
●お気に入りアジアン料理
●デザート&朝食スイーツ


著者:田中さゆり
リトリートオーガナイザー/シェフ&ローフード講師
1975年生まれ リトリートではローフードやビーガンフード、マクロビオティックなど、必要に応じての料理で心も身体もハッピーで健康になる食事を提供する。 シェフとして食べ物を通じて人々が身体を養い、心を開くように導くと共に、 講師として食により身体的・精神的にポジティブな変化を生むことをわかりやすく伝える。 インドにて5年間ヨガリトリートの、バリにて3年間ヨガティーチャートレーニングの専属シェフを努めた後、現在バリ島に拠点を置き“the Seeds of Life” を設立。ヨガリトリート専門のシェフとして又講師として、バリ島、日本、インドをはじめ、アメリカ、ヨーロッパほか世界中で活躍中。自らもヨガの実践者であり、 ヨガと食にフォーカスをおいたリトリートやトレーニングも企画。メニューコンサルタント&レストランマネージメントビジネスも手がける。料理教室やトレー ニングを通して、人々に健康的で、地球にも、地球の未来にとっても継続可能な意識の高いライフスタイルを提案する。著書に『SAYURI’s Raw Food Cafe さゆり’s ローフードカフェ 』など多数。

【書籍情報】
SAYURI’S Food for Yogis & Everyone
著者:田中さゆり
定価:本体1500円+税
版型:左右182×天地240
ISBN 978-4-906913-42-8/C2077

関連商品

  1. 武甲山 ―未来の子供たちへ―

    産業的理由によって日々ダイナマイトで爆破され変貌している埼玉県・秩父にある武甲山(ぶこうざん)。地元の気鋭アーティスト・笹久保伸氏による一冊の写真集がここに誕生。

  2. 新医学宣言 いのちのガイドブック

    病院のストライキで死亡率が半減!がん医療を受けた人の平均余命は3年。受けなかった人の平均余命は12年6ヶ月!知らないことは罪である。知ろうとしないことは、さらに深い罪である。さあ、選択の時は訪れました。“殺人”の医療と“活人”の医療、あなたはどちらを選びますか?

  3. 自然布 日本の美しい布

    自然布コレクター・安間信裕氏による江戸時代から戦後までの自然布コレクションを、写真と解説で紹介します。そのどれもが、博物館収容レベルのものばかりです。また、自然布研究の第一人者である小野健太氏の協力を得て、素材や質感、製造方法などを体系立てて深く、そしてわかりやすく解説します。これ一冊で、日本の美しい布である自然布のすべてがわかります。自然布を通じて、日本人の忘れかけている大切な心を感じ取ってください。

  4. Sayuri’s Raw Food Cafe vol.2 —幸せ体質になる腸活レシピ

    “食べ物が人となりをつくる”というように、私たちが口にするものは、 私たちの造り上げる現実に大きな影響力を持っています。 そう考えると、新鮮で、 ジューシーで、ピュアで、色鮮やかで、 波動の高い食べ物を取り入れたいと思いませんか?今回は[エコ][エシカル][サステナブル]な料理を世界各国から集めてみました。 もちろんすべてヴィーガン・グルテンフリー・ローフード・スーパーフードのレシピです。

  5. イヴァナ・ヘルシンキ テキスタイルデザイン・クロニクル

    北欧ファッションの歴史にその名を刻むブランド、イヴァナナ・ヘルシンキ。 ブランド設立20周年を記念し、これまで発表してきた様々なテキスタイル(布地)100点を収録したヒストリーブックが誕生。デザイナー推薦! フィンランド・スポットガイド付き。

  6. 三河みりんで味わうプチマクロ料理

    マドンナのプライベートシェフとして知られる西邨マユミさんは、「日本が歴史の中で培ってきた伝統にこそ日本美人を作る秘訣がある」と考えていました。東日本大震災で日本食にスポットが当てられた今、そんな西邨さんが選んだのが江戸時代から造られてきた「三河みりん」。古き良きものを現代に取り入れる、「温故知新」のスピリットが西邨さんの手によって、プチマクロ料理に注がれたのです。本書は西邨さんの人生が集約された一冊です。

ページ上部へ戻る