武甲山 ―未来の子供たちへ―

Image title

 

キラジェンヌ初の写真集。
『武甲山 ―未来の子供たちへ―』

産業的理由によって日々ダイナマイトで爆破され、
変貌してゆく埼玉県・秩父地域の神体山「武甲山(ぶこうざん)」。

地元の気鋭アーティスト・笹久保伸氏により、一冊の写真集ができあがりました。
鉱山採掘が進められ、かつての姿を大きく変貌させ、環境破壊の姿を我々に晒している武甲山。

秩父は、経済産業という名のもとに地元民が故郷の山の破壊を我慢し黙認してきた歴史があり、

武甲山の破壊について語るのはタブーとされています。

目の前で故郷の心の山が爆破され、

無残に破壊されてゆく虚しさ、痛み、悲しみ、そして怒りー

破壊されゆく秩父の心の山を写した作品となっています。

 

 

 

ご注文は、Amazonから

 

【著者プロフィール】

笹久保伸(ささくぼ・しん)

秩父郡横瀬町出身。
ダイナマイトで破壊されている秩父の武甲山を見ながら幼少期を過ごし、武甲山を撮るようになる。
アート集団、秩父前衛派※として音楽、映画、美術、写真、文筆、研究、講演、パフォーマンスなどの活動をおこない、
瀬戸内国際芸術祭2016、山形国際ドキュメンタリー映画祭2015、などで作品を発表。
現代音楽とアンデス音楽を演奏するギタリストとして、
イタリア、ギリシャ、ブルガリア、キューバ、アルゼンチン、チリ、ボリビア、ペルーでソロ公演。
現代の作曲家と交流を持ち、高橋悠治、Sylvano Bussotti、Carlo Domeniconi、杉山洋一らの新作を初演。

[おもな受賞]
・アルゼンチンコスキン音楽祭日本代表審査会 1位
・日本ギター音楽大賞 2位
・アムランコンクール(ラテンアメリカ音楽コンクール) 2位
・日本J.S.バッハギターコンクール 3位

※秩父前衛派 Chichibu Avantist
ペルー留学を終えて帰国した笹久保伸が埼玉県秩父市にて2008年頃より始めたアート運動。
秩父の根底にある風土・人・山・民間伝承・前衛性に注目し、そこからアートへアウトプットする試みを続けている。
制作内容によってメンバーが異なる。

関連商品

  1. 発酵リビングフード —発酵のチカラで生なのに作りおき!

    日本における「リビングフード」の第一人者である「睦美」、2年半ぶりとなる新刊は、自らのリビングフードライフの集大成的一冊!

  2. VEGESUSHI(ベジ寿司) パリが恋した、野菜を使ったケーキのようなお寿司 (veggy Books)

    今、パリやベルリン等、食と健康に関心が高いヨーロッパの都市で注目を集める、野菜を使ったケーキのようなお寿司“VEGESUSHI”の日本初アート&レシピブック。

ページ上部へ戻る