科学の先 現代生気論

 

人間とは?いのちとは?否定されてきた生気論を医学者として50余年の筆者が改めて考察。
そこには別次元の生き生きとした世界があった。

 

現代科学でわかったことは、この世のたった5%。残り95%はわからない。

様々な生物が独自の感覚器で世界を認識していれば、まったく違う世界が無数に存在していることになる。

 

心の正体。

その鍵は脳ではなく、第3の自律神経と言われる腸にあった。
私たちは大脳から全身の末梢組織へ神経支配が行われていると考えがちだが、発想を変えて一番古くから生物にあって生命の本体ともいえる腸から全身をみると、別の世界が開けてくる。
ベストセラー『糖尿病は薬なしで治る』の著者が 私たちは大脳から全身の末梢組織へ神経支配が行われていると考えがちだが、 50 余年の医学人生の末に辿り着いた発想を変えて一番古くから生物にあって生命の本体ともいえる腸から全身を みると、別の世界が開けてくる。科学の限界といのちの意味。

現代科学では解明できていない生命現象の不思議を日本医学界の権威が、科学的な知見は勿論、哲学、宗教などあらゆる視点から徹底考察。そして到った結論とは?本書は、人智を超えた「何か」の存在を認めつつ今日に生きる人々へ向けた生き方の指南書である。

【著者プロフィール】
渡邊 昌(わたなべ・しょう)
日本綜合医学会会長。 公益社団法人生命科学振興会理事長。渡邊 昌(わたなべ・しょう) 1941 年平壌生まれ。医学博士。1965 年慶應義塾大学医学部卒。大学院修了 日本綜合医学会会長。後病理学講師、アメリカ国立癌研究所病理部研究員、国立がんセンター研究 公益社団法人生命科学振興会理事長。所病理部室長、同疫学部長を経て、東京農業大学教授、国立健康・栄養研究所理事長を歴任。また「喫煙と健康」WHO 指定研究協力センター長、厚生科学審議会委員、内閣府食育推進委員、農水省食の将来ビジョン戦略委員を務める。1993 年 WHO 記念メダル、1995 年日本医師会医学賞、2001 年日本疫学会功労賞受賞。『栄養学原論』(南江堂)『糖尿病は薬なしで治せる』(角所理事長を歴任。また「喫煙と健康」WHO 指定研究協力センター長、厚生科 学審議会委員、内閣府食育推進委員、農水省食の将来ビジョン戦略委員を務川書店)『食事でがんは防げる』(光文社)『医師たちが認めた「玄米」のエビデンス』(キラジェンヌ)など著書多数。

【書籍情報】
科学の先 現代生気論
監修:渡邊 昌
定価:本体 1,500 円+税
ISBN 978-4-906913-36-7 C0045
[Amazonはこちらから]

関連商品

  1. 魔法のメガネ

    ある街に伝わる、かけるだけで病気が治り、あらそいごとがなくなるという『魔法のメガネ』伝説。その真相を確かめようと9人の子どもたちが探検に出かけた。嵐に襲われ、森をさまよった先で出会ったのは、森に大昔から住んでいるというちょっと変わったおばあさん。彼女は子どもたちに『魔法のメガネ』の作り方を語り始めるが…。 現代を自分らしくしなやかに往きたいと願うあなたに贈る陰陽の法則の入門書。

  2. fika(フィーカ)世界一幸せな北欧の休み方・働き方

    働き方を見つめ直す時代に大切なこと、それは「休み方」を考えること! 仕事も家庭も、素敵な「休息」があなたの人生を変える! 毎日が慌ただしいと感じる人たちにおくる “北欧流のゆったり過ごすライフスタイル”を提唱する一冊です!

  3. ハタ照らすヨーガ

    さぁ、本当のヨーガをはじめよう! 新しい世界の扉を開く旅に出よう すべてのヨーガの源流である経典『ヨーガ・スートラ』を読み解く一冊 あなたはヨーガの理論(おしえ)を知っていますか?ヨーガ人生の中で初めて記した本書は、ヨーガのビギナーもティーチャーも必読の書!到来した新たな時代を生きる人たちに向け、すべてのヨーガの源流である経典『ヨーガ・スートラ』の理論(おしえ)を読み解きながら、マインドの謎を解明し、ヨーガの呼吸によって脳のバランスを整え、本当の自分の居場所を発見する手助けをしてくれる一冊です。

  4. 出版物一覧はこちら

    出版物一覧はこちら

  5. 三河みりんで味わうプチマクロ料理

    マドンナのプライベートシェフとして知られる西邨マユミさんは、「日本が歴史の中で培ってきた伝統にこそ日本美人を作る秘訣がある」と考えていました。東日本大震災で日本食にスポットが当てられた今、そんな西邨さんが選んだのが江戸時代から造られてきた「三河みりん」。古き良きものを現代に取り入れる、「温故知新」のスピリットが西邨さんの手によって、プチマクロ料理に注がれたのです。本書は西邨さんの人生が集約された一冊です。

  6. 自然布 日本の美しい布

    自然布コレクター・安間信裕氏による江戸時代から戦後までの自然布コレクションを、写真と解説で紹介します。そのどれもが、博物館収容レベルのものばかりです。また、自然布研究の第一人者である小野健太氏の協力を得て、素材や質感、製造方法などを体系立てて深く、そしてわかりやすく解説します。これ一冊で、日本の美しい布である自然布のすべてがわかります。自然布を通じて、日本人の忘れかけている大切な心を感じ取ってください。

ページ上部へ戻る