縄文ネイティブ

縄文ネイティブ

「私たちはなぜ縄文に魅かれるのか?」
自然と共生し独自の文化を開花させ、豊かで平和な社会を1万年以上維持していた世界。
現代日本と真逆ともいえる縄文の世界。
それは、ネイティブ・アメリカンやアボリジニやアフリカ、アジアにもある
ネイティブとしての共通の記憶だ。
そして日本列島にも、人びとに引き継がれてきた縄文ネイティブとしての記憶がある。
それは一見、消えてしまったように見えるが、現代の日本に形を変えながら生き続けている。
縄文とは何のつながりも見えない暮らしの中に生き続けている。
縄文土器の自然観や宗教観、山岳信仰や風習、海洋縄文人などのキーワードの中から、
私たちの持つ縄文の共通イメージを探ってゆく。
「僕らは何者で、一体どこへいけばいいのだろう?」
多くの日本人が今、悩んでいる。
本書では、陶芸家や画家、宗教家、弁護士、冒険家など、様々な人と対話し、
場所を訪れることで、縄文の精神性や美意識について考察してゆく。
縄文文化を探ることで、読者のこれからの生き方の指針になればと思っている。

【著者プロフィール】
長吉秀夫
作家・舞台プロデューサー。
1961年、東京都生まれ。明治大学卒業。舞台プロデューサーとして、民俗音楽・舞踊やロックと出会う。
その後、ジャマイカやインド、北米や南太平洋などを訪れ、
大麻や精神世界、ドラッグ、ストリート・カルチャーなどを中心にした執筆を行い、現在に至る。
日本の祭り文化についての造詣も深い。
著書に『不思議旅行案内』、『タトゥー・エイジ』、『大麻入門』(全て幻冬舎)、『医療大麻入門』(キラジェンヌ)など。

【書籍情報】
縄文ネイティブ
著者/長吉秀夫
定価:本体1,500円+税
ISBN:978-4-906913-86-2
C0021
[Amazonから購入]

関連商品

  1. イヴァナ・ヘルシンキ テキスタイルデザイン・クロニクル

    北欧ファッションの歴史にその名を刻むブランド、イヴァナナ・ヘルシンキ。 ブランド設立20周年を記念し、これまで発表してきた様々なテキスタイル(布地)100点を収録したヒストリーブックが誕生。デザイナー推薦! フィンランド・スポットガイド付き。

  2. VEGESUSHI(ベジ寿司) パリが恋した、野菜を使ったケーキのようなお寿司 (veggy Books)

    今、パリやベルリン等、食と健康に関心が高いヨーロッパの都市で注目を集める、野菜を使ったケーキのようなお寿司“VEGESUSHI”の日本初アート&レシピブック。

  3. fika(フィーカ)世界一幸せな北欧の休み方・働き方

    働き方を見つめ直す時代に大切なこと、それは「休み方」を考えること! 仕事も家庭も、素敵な「休息」があなたの人生を変える! 毎日が慌ただしいと感じる人たちにおくる “北欧流のゆったり過ごすライフスタイル”を提唱する一冊です!

  4. ドイツ薬草療法の知恵 聖ヒルデガルトのヒーリングレシピ

    約900年前のドイツで自然療法を広めたキリスト教の修道女、ヒルデガルト・フォン・ビンゲン。自然療法の祖として知られるだけでなく、神秘家、作曲家、画家などとして多くの功績を遺しました。本書では彼女が推奨した食材やハーブを取り入れたドイツの家庭料理を全てベジタリアン仕様にアレンジして多数掲載。他ドイツのナチュラルライフや食養生、ヒルデガルト療法の様々な情報を網羅。内なる美しさと真の強さを育む、ホリスティックな癒しの入門書。

  5. お豆腐×お野菜でつくる 美人薬膳ごはん

    グルマン世界料理本大賞健康&ダイエット部門で2冠を達成した著者による「お豆腐」が主役のビューティレシピ!ヘルシーな印象が強いお豆腐は、実は健康&美容効果も盛りだくさん!美容への効果効能が高い野菜と組み合わせ、体の中から美しくなる薬膳レシピが完成しました。

  6. Mieko’s Garden EDIBLE FLOWER LIFE ―食べる花のある生活―

    野菜・果物以上の栄養価! 注目の“食べる花”エディブルフラワーの図鑑&レシピ本の誕生です。エディブルフラワーとは、食べられる花のこと。人間が花を食べる歴史は古く、それはインディアン時代の化石から発見されているほど古いものなのです。

ページ上部へ戻る