種は誰のものか?

種は誰のものか?

 ——私たちは、生き残るために種のことを知る。

 農作物の種を巡る世界情勢が目まぐるしく変わってきている現在。
我が国でも、主要農作物種子法の廃止や種苗法の改正などの、種に関する状況に変化が起きています。
この状況は、単に法律や物流の変化の問題ではなく、
私たちの暮らしと密接に関係する重大な問題であるのです。
なぜならば、主食である米や麦などのすべての食物を作り出す「種」を
巡る変化は、私たちの暮らしやいのちに直接関係するからです。
本書では、種がなぜ大事なのかを改めて考えると同時に、
種がどのようにつくられ、私たちのいのちとどう関わっているのか、
さらには世界と食卓を結ぶ一粒の種に
どんな問題が起きているのかを、分かりやすく解説。
その上で私たちが今すべきことをライフスタイルから見つめ直していきます。

***

[著者プロフィール] 

岡本 よりたか(おかもと よりたか)

無肥料栽培家・環境活動家
空水ビオファーム 代表。一般社団法人 自然栽培ネットワークTokyo 代表。
農業スクール及びシードバンクネットワーク「種の学校」代表。
CMクリエイター、TVディレクター時代に取材を通して、
農薬、除草剤、肥料が環境にもたらす影響を知り、
40歳半ばで山梨県北杜市の八ヶ岳南麓にて、
無農薬、無肥料、無除草剤、自家採種の小麦や野菜の栽培を始める。
無肥料栽培の普及や遺伝子組み換え種の危険性などを中心に、
全国各地にて講演活動及び無肥料栽培セミナーやワークショップ、
上映会等を定期的に開催。
また、シティファーマー構想を立ち上げ、
家庭菜園ワークショップも積極的に展開している。
著書に「野菜は小さい方を選びなさい」、「無肥料栽培を実現する本」、
「不自然な食べものはいらない」がある。

■■■■■■■■■■■■■

【書籍概要】

『種は誰のものか?』

著者/岡本よりたか

ISBN 978-4-906913-81-7

128ページ/四六判/1,500円+税

全国の書店、Amazonほかネットストアで絶賛発売中。

[Amazonから購入]

■■■■■■■■■■■■■

関連商品

  1. 焙煎玄米粉でつくる デトックスおやつ

    欧米で大人気の全て植物性だけで作った焼き菓子、グルテンフリー・スウィーツ、ローフード・スウィーツなどなど、 子供も大人も安心して食べられるヘルシーなおやつレシピが満載。

  2. 繁盛する飲食店をつくる魔法の仕組み

    時代はヘルシーなフードビジネス! 繁盛する飲食店をつくる秘密を大公開!ベジィ読者にはお馴染み、北海道は札幌にて「自然食&ローフード ロハス」を創設したローフードシェフの土門大幸氏。「ローフード」という日本ではニッチなジャンルであっても、成功させたその経営手腕は多くの人に評価されています。そんなノウハウを惜しみなく公開する一冊が誕生!

  3. Mieko’s Garden EDIBLE FLOWER LIFE ―食べる花のある生活―

    野菜・果物以上の栄養価! 注目の“食べる花”エディブルフラワーの図鑑&レシピ本の誕生です。エディブルフラワーとは、食べられる花のこと。人間が花を食べる歴史は古く、それはインディアン時代の化石から発見されているほど古いものなのです。

  4. Dish to Dish マクロビオティックの愛情おうちごはん

    「マクロビオティックは究極の愛情表現」 愛情と想いを込めて作られる。だからおいしい!! “マクロビオティックの鉄人”の異名を持つマクロ界の重鎮 岡田英貞シェフ ファン待望のファーストレシピブックがついに登場!

  5. 発酵リビングフード —発酵のチカラで生なのに作りおき!

    日本における「リビングフード」の第一人者である「睦美」、2年半ぶりとなる新刊は、自らのリビングフードライフの集大成的一冊!

  6. ドイツ薬草療法の知恵 聖ヒルデガルトのヒーリングレシピ

    約900年前のドイツで自然療法を広めたキリスト教の修道女、ヒルデガルト・フォン・ビンゲン。自然療法の祖として知られるだけでなく、神秘家、作曲家、画家などとして多くの功績を遺しました。本書では彼女が推奨した食材やハーブを取り入れたドイツの家庭料理を全てベジタリアン仕様にアレンジして多数掲載。他ドイツのナチュラルライフや食養生、ヒルデガルト療法の様々な情報を網羅。内なる美しさと真の強さを育む、ホリスティックな癒しの入門書。

ページ上部へ戻る