医師たちが認めた 玄米のエビデンス

 

がん/糖尿病/認知症/不妊/うつ/緑内障/精神異常/脳卒中/アトピー
あらゆる難病奇病に「玄米」は有効です!

医学者、臨床医、栄養士、研究員の総勢11名が玄米の機能性を医学的知見から示した最新のレポート集!
現代は飢餓状態!
食べ物があふれているように見えても、本当の食べ物はうんと少なくなっています。

今まで玄米を食べてきた人。そして、これから玄米食を始める人も是非、読んでほしい日本の伝統食と現代病の深い関係。なぜこんなにも次々と新しい病が増えているのか? 単に高齢化だけでは説明がつかない健康寿命の悪化を、玄米を基本とした食事改善を推奨している医師たちがそれぞれの専門分野から解説。あなたが健康に生きられる答えがこの一冊にあります。

自律神経を調節
免疫細胞の活性化
抗酸化作用
肝機能改善
動脈硬化予防
高脂血症改善
抗がん作用
老化遅延効果
排毒排泄作用
精神安定作用
血圧安定作用
認知症予防作用
etc…

【著者情報】
執筆陣:精神神経科医、小児科医、婦人科医、外科医、内科医、眼科医、栄養学、病理学、癌研究
監修:渡邊 昌 日本綜合医学会会長 生命科学振興会理事

【書籍情報】
医師たちが認めた玄米のエビデンス
監修:渡邊 昌
定価:本体1300円+税
版型:四六版
ISBN 978-4-906913-32-9
C0047
[Amazonはこちらから]


関連商品

  1. はじめてのベジタリアン南インド料理 The South Indian Vegetarian Kitchen

    スパイスの魔法で、驚くほど簡単。本格菜食インド料理! インド人料理研究家ヘーマ・パレックによる9年ぶりのレシピ・ブック

  2. 科学の先 現代生気論

    ベストセラー『糖尿病は薬なしで治る』の著者が 私たちは大脳から全身の末梢組織へ神経支配が行われていると考えがちだが、 50 余年の医学人生の末に辿り着いた発想を変えて一番古くから生物にあって生命の本体ともいえる腸から全身を みると、別の世界が開けてくる。科学の限界といのちの意味。

  3. SAYURI’S Food for Yogis & Everyone

    ヨギーニであり、リトリートオーガナイザーでもある著者が、世界を旅して、各国のリトリートセンターでヨギーのために作ってきたヘルシー料理の中でも、特別に人気のある美味しくてヘルシーで簡単なレシピを集めました。

  4. 三河みりんで味わうプチマクロ料理

    マドンナのプライベートシェフとして知られる西邨マユミさんは、「日本が歴史の中で培ってきた伝統にこそ日本美人を作る秘訣がある」と考えていました。東日本大震災で日本食にスポットが当てられた今、そんな西邨さんが選んだのが江戸時代から造られてきた「三河みりん」。古き良きものを現代に取り入れる、「温故知新」のスピリットが西邨さんの手によって、プチマクロ料理に注がれたのです。本書は西邨さんの人生が集約された一冊です。

  5. 新医学宣言 いのちのガイドブック

    病院のストライキで死亡率が半減!がん医療を受けた人の平均余命は3年。受けなかった人の平均余命は12年6ヶ月!知らないことは罪である。知ろうとしないことは、さらに深い罪である。さあ、選択の時は訪れました。“殺人”の医療と“活人”の医療、あなたはどちらを選びますか?

  6. 神秘の古代食 AFAブルーグリーンアルジー

    35億年前から変わらぬ姿で生き続け、強い生命力をもつ藍藻類の一種「ブルーグリーンアルジー(AFA)」は、今大注目のスーパーフード!豊富な栄養素とともに、よりおいしく取り入れられる、目にも楽しい33のレシピをご紹介。

ページ上部へ戻る